個人事業主と税理士

個人事業をされている方は、特に収入や支出、減価償却など、長い年数になればなるほど、収入と支出をどのように計上しているのか、ということが重要になります。これらの手続きは、かなり煩雑になってしまい、何から優先するのが良いのか、ということが分からないままになってしまう、ということもあるでしょう。そのような方は、プロの税理士にお願いする、という方法がおすすめです。

特に白色申告では税制の恩典を得られない、という場合には税理士にお願いするほうが間違いないでしょう。特に、何から優先して対応してもらえばいいのか、という方法があまり詳しく分かっていない場合には、どうしても手続きが緩慢になってしまうことがあります。そうなると、対応が遅れてしまうことがありますので、そのような点に関しては、早めに税理士にお願いする方が間違いがなくて確実です。

マイナンバー制度の導入などで税制がより、整備される時代となりますので、今まであいまいにされていた方も早めに対応をしておくほうが間違いありません。税理士に関しては、税務上のことや最終的に銀行融資をお願いする場合などにも対応してもらえる、という強みがありますので、その点も相談してみると良いでしょう。